スマートフォン用電話バナー

スマートフォン用メールバナー

後遺症・後遺障害について

外貌醜状とは

外貌醜状(がいぼうしゅうじょう)とは、交通事故で外傷を受けその傷跡が残ってしまう場合がありますが、その中でも人目に触れる部位に、目立つ傷跡が残ってしまった状態をいいます。

「外貌」とは、顔面、頸部、頭部など、上肢および下肢以外の日常露出する部分を指します。眉毛や頭髪に隠れる部分は含みません。また、顎の下など正面から確認できないもの部分も対象外となります。

「醜状」とは、瘢痕(はんこん)、線状痕、組織陥没、色素沈着による変色、色素脱失による白斑などで、いわゆる傷跡のことを差しています。

このような状態が残ってしまった場合、人目に触れる部位に人目につく以上の傷痕が残ってしまった精神的苦痛に対する慰謝料(後遺障害慰謝料)や、将来得られるはずだった収入の減額分(逸失利益)を損害賠償請求することとなります。

外貌醜状の後遺障害等級

以前は男女の性別によって認定される後遺障害等級に差がありましたが、平成22年6月10日以降に発生した事故より、認定基準に性別の差はなくなりました。それにより、従来の7級の12級の間に、9級が新設されました。後遺障害と認定された場合の等級は7・9・12級のいずれかになります。

等級 後遺障害 判断基準 保険金額のめやす 労働能力喪失率
7級 外貌に著しい醜状を残すもの ①頭部…てのひら大(指の部分は含まない、以下同じ)以上の瘢痕または頭蓋骨のてのひら大以上の欠損
②顔面部…鶏卵大面以上の瘢痕または10円硬貨大以上の組織陥没
③頸部…てのひら大以上の瘢痕
1051万円 56/100
9級 外貌に相当程度の醜状を残すもの 原則として、顔面部の長さ5cm以上の線状痕で、人目につく程度以上のもの 616万円 35/100
12級 外貌に醜状を残すもの ①頭部…鶏卵大面以上の瘢痕または頭蓋骨の鶏卵大面以上の欠損
②顔面部…10円硬貨大以上の瘢痕または長さ3cm以上の線状痕
③頸部…鶏卵大面以上の瘢痕
224万円 14/100

※耳殻軟骨部の2分の1以上の欠損は、1耳について第12級となります。両耳について耳介の欠損障害が生じた場合には、併合して11級を認定することとなります。

※鼻を欠損(鼻軟骨部の全部または大部分の欠損)し、その機能に著しい障害(鼻呼吸困難または嗅覚脱失)を残す場合には、9級が認定されます。鼻の欠損と外貌の醜状は等級を併合することはなく、いずれか上位の等級で認定されます。

逸失利益について

逸失利益とは、後遺障害がなければ得られたはずの収入等の利益のことをいいます。

外貌醜状の場合は体の機能を直接左右することは少ないため、肉体的に労働能力が損なわれたとは考えにくく、逸失利益が認められなかったり、労働能力喪失率を原則より低く評価されたり、被害者の方と保険会社との間で、損害賠償額に大きな隔たりがある場合も多いのです。

女優やモデル、営業や接客業などの職業は、醜状障害が大きな影響を及ぼすことが明らかですので認められやすい傾向にあります。しかし研究職や事務職などの職業は影響が明らかでないため判例は分かれています。労働への影響を粘り強く証明することが大切となります。ただし影響が認められない場合も、慰謝料に斟酌した判例は多数あります。

交通事故によって人目につくところに傷跡が残ってしまった場合、傷の痛みとともに心にも傷を負ってしまわれる方が多いかと思います。

適正な損害賠償を受け、被害者の方の心を少しでも和らげるため、福岡交通事故弁護士福岡ネットは全力を尽くします。

※詳しくは、後遺症による逸失利益のページもあわせてご覧ください。

ページ上部へ戻る

スマートフォン用電話バナー

スマートフォン用メールバナー