スマートフォン用電話バナー

スマートフォン用メールバナー

後遺症・後遺障害について

高次脳機能障害とは

交通事故によって頭部の打撲や外傷を受けた場合に脳に障害が残ってしまい、記憶力が低下したり、集中力が持続しなくなったり以前と人格まで変わってしまうことなどがあり、これらのことを総称して「高次脳機能障害」といいます。主な症状として、言語・思考・記憶・行為・学習・注意に障害が起こってしまうことがよくあります。

高次脳機能障害は身体障害と違って、一見してわからない障害です。ぱっと見た感じはふつうなのに、記憶力が落ちていたり、根気が続かなかったり、判断力が低下して、社会生活にうまく適応できなくなることになります。障害の程度によっては本人ですら気づかないこともあり、周りから理解されにくい障害のひとつと言えます。

高次脳機能障害の主な症状

高次脳機能障害になってしまうと、具体的に以下のような症状が出現します。

  • 記憶障害
    側頭葉内側の障害により引き起こされる症状。
    物覚えが悪くなる、忘れっぽくなる、同じ事を何度も質問するといった症状が見られる。
  • 注意障害
    前頭葉や頭頂葉の障害で引き起こされる注意障害。
    物事に集中力できずミスをしてしまう、会話や思考がとぎれとぎれになり、まとまりのない会話になったり、行動の内容に一貫性がなくなったりする。
  • 遂行機能障害
    前頭葉の障害により引き起こされることが多い遂行障害。
    計画性をもって行動したり、周囲の変化する状況に対応することが困難で、自分で計画的に行動できない、思いつきで行動したり、約束の時間を守ることができないなど日常的な生活に支障をきたす。
  • 社会的行動障害
    前頭葉と側頭葉の障害によって引き起こされることが多い社会的行動障害。欲しいと思ったものを我慢できなかったり、感情の起伏が激しくなったり、頻繁に怒鳴り散らすなど、自己中心的で暴力的なところもあり子どもじみた行動を起こすこともある。

現在、高次脳機能障害に対する明確な治療法は確立されてはいません。ですからリハビリを行なって機能回復に努めていくことになります。また職業復帰が難しい場合、高次脳機能障害者を対象とした職業リハビリテーションも、様々な機関で行われています。

高次脳機能障害と認定される要件

高次脳機能障害による後遺障害等級認定を受けるには、まず後遺障害であることを認定してもらわなければなりません。自賠責や労災、障害年金の申請などにおいても、正しい等級を認定してもらうことが難しいという大きな課題があります。

まず前提として、高次脳機能障害の程度を判断するためには、記憶力や理解力が低下したことなどとともに、事故受傷の前後で、被害者の社会的行動能力(日常生活、社会生活)に違いがあり、支障が出ていることなども理解する必要があります。

高次脳機能障害による後遺障害等級認定を受けるには、症状固定時に「自動車賠償責任保険後遺障害診断書」および、事故発生直後から後遺障害が固定されるまでの頭部の画像検査資料(レントゲン写真・CT・MRI等)などによる「医師の診断による具体的な所見」と「家族や介護者(あるいは本人)による日常生活状況の報告」が重要な二つの柱となります。

後遺障害等級が何等級に認定されるかによって、損害賠償額も大きく変わってきます。事故を受け入れ、今後社会復帰に向けてリハビリを行なっていくのは、肉体的にも精神的にもとてもつらいことだと思います。それはご本人だけではなく、ご家族にとっても同じ思いだといえます。

高次脳機能障害は、手術治療や内服治療、点滴治療といった確立した治療方法がありません。社会復帰を目指してリハビリテーションを行うことが中心になります。つらいリハビリを乗り越えるためにも、妥当な金額の損害賠償を受けることは大切です。

高次脳機能障害は、行政上、精神疾患とされているので、精神障害者保健福祉手帳、障害福祉サービス、自立支援医療 、障害年金の制度が利用出来る場合があります。主治医や、病院の社会福祉士(相談員)、ケアマネージャーと相談してみましょう。また、職業復帰が困難な場合には、職業リハビリテーションサービスを利用することもできます。

高次脳機能障害の賠償問題を解決するために

高次脳機能障害による後遺障害等級認定を受けるには、まず後遺障害であることを認定してもらわなければなりません。自賠責や労災、障害年金の申請などにおいても、正しい等級を認定してもらうことが難しいという大きな課題があります。
交通事故による高次脳機能障害では、実際の障害に見合った適切な補償を得るために訴訟等で加害者側(の保険会社など)と争う前に、まずは、自分の後遺障害に見合った等級認定を受ける事が重要です。

まず前提として、高次脳機能障害の程度を判断するためには、記憶力や理解力が低下したことなどとともに、事故受傷の前後で、被害者の社会的行動能力(日常生活、社会生活)に違いがあり、支障が出ていることなども理解する必要があります。そのために交通事故発生後治療・症状を時系列にメモに残しておくとよいでしょう。等級認定の際、症状の実証の上でこうした記録が役に立ちます。

等級認定を受けたら、保険会社と補償について交渉していきます。この後、示談内容に納得がいかず、最終的に裁判となった場合、交通事故の後遺障害や、自分の不利益をどんなに訴えても、ほとんどの場合は自賠責保険での認定結果をもとに判決が出ます。

高次脳機能障害での訴訟の場合、その障害の程度や今後将来にわたっての影響度など証明が大変難しいですので、本人と家族で対応することは難しいでしょう。

通常訴訟によって解決を図ることになりますが、その場合は確実に弁護士に依頼することになります。交通事故による賠償問題・慰謝料請求を行うためにも弁護士に相談することによって適切な対応を取っていくことが可能になります。

高次脳機能障害はその障害の程度や今後、将来にわたっての影響度など、証明が大変困難です。裁判の知識がない本人や家族が、治療やリハビリと並行して進めることは難しく、多くの場合は訴訟の専門家である専門家弁護士に依頼することにより、将来への不安を取り除くことができます。

後遺障害認定と交通事故問題解決までの流れ

適切な等級認定をうける

交通事故による高次脳機能障害では、実際の障害に見合った適切な補償を得るために訴訟等で加害者側(の保険会社など)と争う前に、適切な後遺障害の認定を受けておく必要があります。交通事故の後遺障害や、自分の不利益をどんなに訴えても、ほとんどの場合は自賠責保険での認定結果をもとに判決が出ます。多くの場合は訴訟の専門家である弁護士に依頼することによって、障害の程度や今後本人と家族が将来にわたる影響度を考慮した補償を得ることで解決を図ります。

高次脳機能障害は訴訟で解決を図る

交通事故により高次脳機能障害が発症し、賠償金額に納得がいかない、交渉がうまくいかない場合など通常は訴訟によって解決を図ることになります。その障害の程度や今後将来にわたっての影響度などは後遺障害等級に基づき加害者側保険会社との交渉は訴訟のプロである弁護士に依頼することがベストです。

弁護士に相談するメリット

高次脳機能障害の賠償問題では、保険会社が提示をする額(或いはその額の根拠となる基準)と、弁護士が依頼者のために積算して要求する額には大きな開きがあることが少なくありません。弁護士が介入することによって、弁護士が裁判所基準に基づき交渉していくので保険会社からの提示額を大きく上回る賠償金を得た事例が多くあります。

交通事故問題を納得のいく形で解決を図るには、示談書に署名捺印する前に、ぜひ福岡交通事故弁護士ネットの初回無料相談を利用し、交通事故に関するお悩み・不安・問題をお話しください。

福岡交通事故弁護士ネットは、交通事故被害者の側に立った解決のための適切なアドバイスによって、交通事故被害者をサポートしてまいります。

福岡交通事故弁護士ネットは、福岡・北九州・久留米・朝倉を拠点に交通事故被害者を徹底サポート!

高次脳機能障害での賠償請求交渉は、弁護士へ依頼することで解決!
信頼できる弁護士選びの3つのポイント
後遺障害の認定には煩雑な書類作成と手続きすべてをサポートします。
解決実績のある弁護士に依頼することで、賠償額に影響してきます。
高次脳機能障害の訴訟は、信頼と実績のある弁護士をお選びください。

ページ上部へ戻る

スマートフォン用電話バナー

スマートフォン用メールバナー