スマートフォン用電話バナー

スマートフォン用メールバナー

後遺症・後遺障害について

RSDとは

「Reflex Sympathetic Dystrophy 反射性交感神経ジストロフィー」と呼ばれています。

交通事故で外傷を受けた(怪我をした)場合、怪我を早く治そうと交感神経が反射し、四肢の血管を収縮させます。傷が癒えてもこの反射が元に戻らず、交感神経が働き続けることで、更に激しい焼けるような痛みがあったり、軽い接触でも過度な痛みを感じたり、皮膚の色の変化や骨の萎縮が起こる後遺症のことです。

打撲や捻挫などの軽い外傷などの、あらゆる外傷から生じます。

他質的所見に乏しいため、周囲に理解されにくく、また、医師にも誤診されやすいという問題点があります。

現在、有効な治療法は確立されておらず、主に痛みを和らげる対症療法が行われています。

類似した症状としてカウザルギーと呼ばれる傷病があります。大きな神経損傷を伴わないRSDとは区別されますが、実際にRSDとカウザルギーの病態としては共通点が多いので、これらを総称して「CRPS(Complex Regional Pan Syndrome 複合性局所疼痛症候群)」と呼ばれています。

等級について

認定を受けるには、症状固定時に以下の3要件が、病気のない正常な側と比較して明らかに認められること、という条件を満たす必要があります。

①拘縮 ②萎縮 ③皮膚変化(皮膚温の変化、皮膚の萎縮)

RSDと認められると、後遺障害等級は7級、9級、12級のいずれかに該当する可能性があります。この場合9級以上とそれ以外では、労働能力の喪失を認められる期間が変わってくる場合が多く、逸失利益など損害賠償の計算にも大きく影響してきます。

  • 7級
    軽易な労働以外の労働に常に差し支える程度の疼痛があるもの。
  • 9級
    一般的な労働能力は残存しているが、疼痛により時には労働に従事することが出来なくなるため、就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの。
  • 12級
    労働には通常差し支えがないが、時には労働に差し支える程度の疼痛が起こるもの。

しかし、外見上外傷は治癒し、CTやMRIの検査でも異常が見られないことが多いため、診断や治療は医師であってもその判断が難しく、そもそも医師によっても診断が見過ごされてしまうことがあります。また、医師からRSDと診断されたにも関わらず、医療分野と保険では診断基準に違いがあるため後遺障害として認められない場合があります。したがって、医師に適切なテスト方法を指示し、後遺障害診断書に具体かつ詳細に記載してもらうことが重要となります。

素因減額について

素因減額とは、交通事故から発生した損害について、その発生または拡大に、被害者自身の素因に原因があると認められる場合に、加害者の負担すべき損害賠償の範囲を合理的なものに限定するという考え方をいいます。

保険会社は、被害者はもともとRSDにかかりやすい体質であるから、賠償額をその分だけ減額すべきと主張してきます。実際に判決でもその主張が認められることが多くあります。

事案の正確な理解のためにも、すぐに弁護士に相談することをお勧め致します。

適正な後遺障害等級認定を受けるためにも、経験豊富な福岡交通事故弁護士ネットに、ぜひご相談下さい。

ページ上部へ戻る

スマートフォン用電話バナー

スマートフォン用メールバナー