スマートフォン用電話バナー

スマートフォン用メールバナー

これまでの解決事例

後遺障害認定があるケース

7) 異議申立てにより14級9号を獲得した事案

事故発生の状況
40代会社役員(男性 福岡県北九州市在住)のAさんは、自動車を運転して信号待ち停車中、後続車に衝突され、頚椎捻挫等のケガを負われました。
当事務所の活動
被害者は事故後約6ヶ月で症状固定となり、相手方保険会社から「後遺障害なし」を前提として78万6420円の示談金の提示を受けていました。
被害者は弁護士に依頼して自賠責保険の被害者請求を行いましたが、「後遺障害非該当」の結果となりました。
そこで、追加の医証を取り寄せて異議申立てを行ったところ、14級9号の認定を受け、75万円の自賠責保険金を獲得しました。
さらに、相手方保険会社との間で示談交渉も行いました。
解決と成果
本件は、既払い治療費及び自賠責保険金に追加して250万円の支払いを受けるとの示談が成立しました。
全体では
保険会社による提示額
78万6420円
解決額
325万円
という、当初の提示額からは4.1倍の増額で解決しました。

ページ上部へ戻る

スマートフォン用電話バナー

スマートフォン用メールバナー