スマートフォン用電話バナー

スマートフォン用メールバナー

これまでの解決事例

死亡事故事案

30) 被害者請求を行い、増額を実現した事例

事故発生の状況
10代会社員のAさん(福岡県在住、単身者)は、自動二輪車で進行中、交差点を右折しようとした四輪車に気づき急ブレーキを掛けたものの、転倒し、四輪車に衝突して死亡されました。
ご相談・ご依頼のきっかけ
Aさんの父母は、今後の手続きや交渉をどうすれば良いかわからないので専門家に任せたいとのことで、当事務所にご依頼をされました。
当事務所の活動
当事務所は、Aさんの父母のご希望により、自賠責保険の被害者請求を行い、3000万円の自賠責保険金を受領しました。
上記自賠責保険金を受領後、加害者側保険会社に対して賠償請求(自賠責保険金を超える追加請求)をしたところ、約3000万円の支払提示をしてきました。
しかし、この加害者側保険会社の提案は、死亡慰謝料について不当なものでした。
そこで、当事務所は、慰謝料については裁判所基準によるべきことを主張し、加害者側保険会社との間で増額交渉を行いました。
解決と成果
本件については、Aさん自身の過失の関係から、話し合いによる解決となりました。
具体的には
①死亡慰謝料を 2700万円 → 3000万円 へ増額により
加害者側保険会社による提示額
約3000万円
解決額
3300万円*
の増額を実現することができました。
したがって、獲得総額(自賠責保険金を含めた総額)は約6300万円でした。
※ 傷害、死亡による損害、その他の金額からAさん側過失割合20パーセントを減じる等した金額。
弁護士の所感
本件では、Aさんの過失が30パーセントとなることが予想されたため、ご家族と話し合い、訴訟提起等は行わず、話し合いによる解決となりました。
もっとも、裁判を経ずに、裁判基準
①傷害慰謝料を3割増額
②逸失利益は、高卒で収入が低かったのですが、男性全年齢平均賃金額の約530万円を基礎として、約4800万円
③死亡慰謝料は、Aさん2500万円、父母各200万円、姉100万円の合計3000万円
での示談ができ、Aさんご家族にはご満足を頂きました。

ページ上部へ戻る

スマートフォン用電話バナー

スマートフォン用メールバナー