スマートフォン用電話バナー

スマートフォン用メールバナー

これまでの解決事例

後遺障害認定があるケース

52) 賠償額を約2倍増額した事例

事故発生の状況
20代会社員のAさん(男性 福岡県糸島市在住)は,信号機により交通整理の行われている十字路交差点を四輪車で進行中,対向車線で右折をしようとしていた四輪車と衝突し,頚椎捻挫,腰椎捻挫等の傷害を負われました。
ご相談・ご依頼のきっかけ
当事務所の活動
相談前に14級9号の認定を受けており,相手方保険会社から112万3269円(既払金を除く)を支払うとの提示を受けていました。
相手方保険会社の提示は慰謝料,逸失利益の金額が裁判所基準より低いものでした。
そこで,当事務所は,裁判所基準を主張して交渉しました。
解決と成果
本件については,214万5708円(既払金を除く)で示談が成立しました。
保険会社による提示額
約112万円
解決額
約214万円
という約2倍の増額を実現することができました。
弁護士の所感
お客様の声

ページ上部へ戻る

スマートフォン用電話バナー

スマートフォン用メールバナー