スマートフォン用電話バナー

スマートフォン用メールバナー

これまでの解決事例

後遺障害認定があるケース

57) 被害者請求を行い,後遺障害(12級)を獲得した事例

事故発生の状況
70代主夫(男性 福岡県三井郡大刀洗町在住)のAさんは,四輪車に同乗して渋滞停車中,後方から進行してきた四輪車に追突され,外傷性頚部症候群,脊柱管狭窄症,両内耳性難聴・耳鳴・振盪症等の傷害を負われました。
ご相談・ご依頼のきっかけ
当事務所の活動
当事務所は,Aさんの医療記録を収集した上,後遺障害申請を行いました。
その結果,後遺障害併合第12級が認定されました。
上記認定結果を踏まえ,相手方保険会社と示談交渉を行いましたが,殆どの費目で折り合いがつかず,示談は決裂しました(相手方保険会社の最終提示額は27万6061円)。そのため,訴訟提起を行いました。
本訴では,Aさんやその家族の陳述書やその他証拠資料を提出することにより,主夫として認定を受けました。そして,相手方の素因減額の主張を排斥しました。
解決と成果
本件については,相手方が,Aさんに対し,350万円(既払金を除く)を支払うとの内容で和解が成立しました。
保険会社による提示額
約331万円
解決額
約653万円
という約2倍の増額を実現することができました。
弁護士の所感
お客様の声

ページ上部へ戻る

スマートフォン用電話バナー

スマートフォン用メールバナー