スマートフォン用電話バナー

スマートフォン用メールバナー

福岡交通事故弁護士ネットの弁護士報酬について

初回相談料0円・着手金0円 ※1

多くの交通事故被害者の方は、「交通事故被害にあったけど、法律相談料や弁護士費用を支払ってまで弁護士に相談したり、依頼したりする意味があるかどうかが分からない」という気持ちをお持ちなのではないかと思います。そのため福岡交通事故弁護士ネットでは、交通事故被害者の方が費用負担のご心配をなされなくて済むように、初回の相談料は無料にて行っております。

また通常は委任契約時にお支払い頂く着手金(弁護士の委任事務遂行による結果の如何にかかわらず頂戴するお金)について、着手金0円にて委任契約を受け付けております。

※1自動車保険等に付いている弁護士費用特約をご利用される場合は着手金を頂戴しておりますが、弁護士費用特約の保険金により賄われるため、ご依頼者の方に実質負担頂く着手金は0円となります。

(弁護士費用特約の保険金では着手金が賄いきれないような重大事故の場合も、弁護士費用特約で受領できる以上の着手金をいただくことはありません)

完全後払い制

弁護士に問題の解決を依頼された場合、通常であれば委任契約時に事件を受任することによる弁護士費用(いわゆる着手金)のお支払いが必要となります。

また、それ以外にも通信費・交通費、日当などの実費、訴訟印紙代等の概算を予めお預かりすることも少なくありません。

交通事故被害の案件では、入院や休職等で被害者の方が経済的な負担を強いられているケースも多いと思われます。

そのため、福岡交通事故弁護士ネットでは、交通事故の被害にあわれ既に入院や休職等で経済的な負担を強いられている被害者の方が、弁護士費用、預り金等の負担を心配してご相談・ご依頼ができないことがないように、着手金は無料とし、通信費・交通費、日当などの実費預り金についても、当ネットでの立替え払いとし、保険会社からの損害賠償金が入金されてからまとめて精算する「完全後払い制」を採用しています。

報酬金(成功報酬)

弁護士報酬の基本的な考え方

保険会社からの示談提示あり・なしに
よって算定方法が異なります。

  • 示談提示あり
  • 示談提示なし
示談提示なし
死亡・後遺障害等級等 訴訟せず解決した場合 訴訟により解決した場合
死亡、1~5等級の場合 獲得金額の7% 獲得金額の8%
6~10等級の場合 獲得金額の8% 獲得金額の9%
11~13等級の場合 150,000円+獲得金額の9% 150,000円+獲得金額の10%
14等級~非該当の場合 180,000円+獲得金額の10% 200,000円+獲得金額の10%
示談提示あり
死亡・後遺障害等級等 訴訟せず解決した場合 訴訟により解決した場合
死亡、1~5等級の場合 増額分の17% 増額分の18%
6~10等級の場合 増額分の18% 増額分の19%
11~13等級の場合 150,000円+増額分の19% 150,000円+増額分の20%
14等級~非該当の場合 180,000円+増額分の20% 200,000円+増額分の20%

当弁護士ネットではご依頼をいただいたにもかかわらず、ご依頼前に提示された示談金の増加額が報酬額を下回ってしまった場合、その不足した分の弁護士費報酬はいただかず免除することによって、ご依頼者様が弁護士報酬で損失を被らないよう配慮しております。※弁護士費用特約を利用できる場合は除きます。

示談提示があり、当弁護士ネットへご相談いただいた場合

福岡交通事故弁護士ネットでは、弁護士が頂戴する弁護士報酬の考え方として、保険会社から実際に支払われた損害賠償の総額を基準にするのではなく、ご依頼前に保険会社から示談額の提示がなされていた場合には、弁護士が介入したことで増額した賠償額を基準に弁護士報酬額の計算を行います。

なぜならば、このような賠償金額の計算をすることで適正な受け取り賠償金額への寄与に応じた弁護士に対する評価ができるものと考えているからです。

例)保険会社から示談提示を受けている場合

加害者側保険会社から3000万円の示談案の提示を受けていたが、弁護士の介入によって結果的に5000万円の賠償額(解決示談賠償額)を勝ち取ったとします。
福岡交通事故弁護士ネットの報酬基準で算定すると、加害者側保険会社から3000万円の示談案の提示があり、弁護士の介入によって増額した賠償額が2000万円であるとし、この賠償額の増額した2000万円を経済的利益(弁護士報酬の基礎となる利益)と考え、2000万円の18パーセントの360万円(消費税別)が弁護士報酬となります。

示談提示がなく、当弁護士ネットへご相談いただいた場合

福岡交通事故弁護士ネットでは、弁護士介入後にまず依頼者の意向を確認致します。後障害の等級認定を受けている場合はその等級に応じて算出します。

事故や治療の状況によりそれぞれ事案によって対応を検討致します。示談交渉や各種お手続きを当弁護士ネットにご依頼いただくことで、最善の解決策をご提案致します。どうぞお気軽にご相談ください。

訴訟提起時の追加着手金

弁護士による交渉でも解決せず、訴訟提起して裁判所に判断を委ねることになった場合、多くの弁護士事務所では訴訟提起時に追加費用(訴訟提起にかかる着手金)の費用請求がなされます。

しかし福岡交通事故弁護士ネットでは、ご依頼者様の負担を少しでも軽減するため、その場合も追加費用のご請求をいたしません。

弁護士費用特約とは

被害者の方に過失がない事故の場合、車同士の事故であっても被害者の方が加入されている保険は使用できません。自動車保険(いわゆる任意保険)は、 基本的には事故相手に対する賠償のための保険ですので、相手に対する賠償がない(被害者の方に過失がない)場合は被害者の方ご自身で加害者側と交渉することとなります。

そのような状況で、保険加入されている被害者の方が困らないように、弁護士を依頼した場合にその費用を賄うために作られたのが「弁護士費用特約」です。

すなわち、被害者の加入している任意保険に弁護士費用特約が付保されていれば、損害賠償を請求するための弁護士費用が自分の加入している保険会社から支払われ、被害者は煩わしい交渉をすることも弁護士費用を気にすることも不要となります。

詳しくはこちら

弁護士報酬と実費について

弁護士報酬についてのご不安・ご心配は遠慮なくご相談して下さい。

報酬について、ご心配やご不安な点がございましたら、遠慮なくご相談して下さい。

福岡交通事故弁護士ネットでは、交通事故被害者の方のご負担を少しでも軽減させるべく努力してまいります。

ページ上部へ戻る

スマートフォン用電話バナー

スマートフォン用メールバナー