スマートフォン用電話バナー

スマートフォン用メールバナー

福岡交通事故弁護士ネットの報酬基準

福岡交通事故弁護士ネットの弁護士報酬基準とは

示談提示なし
死亡・後遺障害等級等 訴訟せず解決した場合 訴訟により解決した場合
非該当~14級の場合 180,000円+獲得金額の10% 180,000円+獲得金額の10%
13~11級の場合 150,000円+獲得金額の9% 150,000円+獲得金額の10%
10~6級の場合 獲得金額の8% 獲得金額の9%
死亡、5~1級の場合 獲得金額の7% 獲得金額の8%
示談提示あり
死亡・後遺障害等級等 訴訟せず解決した場合 訴訟により解決した場合
非該当~14級の場合 180,000円+増額金額の20% 180,000円+増額金額の20%
13~11級の場合 150,000円+増額金額の18% 150,000円+増額金額の20%
10~6級の場合 増額金額の16% 増額金額の18%
死亡、5~1級の場合 増額金額の14% 増額金額の16%

弁護士報酬の基本的な考え方

弁護士に相談するとどんなメリットがありますか?弁護士費用ってどれくらい必要なのですか?

交通事故で問題を抱え込まずに済みます。
交通事故被害者の不安や問題をお伺いします。どう対処したらいいのか、各種手続きの仕方、トラブルの対応の仕方など何でもご相談ください。
弁護士報酬の
基本的な考え方
保険会社からの示談提示あり・なしによって算定方法が異なります。
  • 示談提示あり
  • 示談提示なし

示談提示があり、当弁護士ネットへご相談いただいた場合

福岡交通事故弁護士ネットでは、被害者の救済を一番に考えた報酬基準の算定の基礎とし、被害者の方にとってわかりやすく優しい報酬形態を採用しています。なぜならば、このような賠償金額の計算をすることで適正な受け取り賠償金額への寄与に応じた弁護士に対する評価ができるものと考えているからです。

すなわち、福岡交通事故弁護士ネットでは、弁護士が頂戴する弁護士報酬の考え方として、保険会社から実際に支払われた損害賠償の総額を基準にするのではなく、ご依頼前に保険会社から示談額の提示がなされていた場合には、弁護士が介入したことで後遺障害認定等級に応じた賠償額を基準に弁護士報酬額の計算を行います。

例えば、弁護士への依頼の前に保険会社より示談額の提示がある・なしにかかわらず、保険会社から支払われた損害賠償の10%を基準とする他の弁護士事務所の場合と当弁護士ネットの報酬基準を比較すると、以下のようになります。

①保険会社から示談提示を受けている場合

例えば、加害者側保険会社から3000万円の示談案の提示を受けていたが、弁護士の介入によって、結果的に5000万円の賠償額(解決示談賠償額)を勝ち取ったとします。

この場合、弁護士報酬を解決示談賠償額から一定割合の報酬を受領する報酬基準を採用していた場合は、5000万円の10パーセント(解決示談賠償の10パーセントとしている法律事務所が多いので、10パーセントとして計算します。)だと500万円(消費税別)が弁護士報酬の金額となります。

これに対し、福岡交通事故弁護士ネットの場合、加害者側保険会社から3000万円の示談案の提示があり、弁護士の介入によって増額した賠償額が2000万円であるとし、この賠償額の増額した2000万円を経済的利益(弁護士費用の基礎となる利益)と考え、2000万円の18パーセントの320万円(消費税別)が弁護士費用となります。

すなわち、この事例を前提にすれば、福岡交通事故弁護士ネットの報酬基準で算出すると弁護士費用の金額が140万円低額になります。

後遺障害等級8級に認定を受け、加害者側保険会社から3000万円の示談案の提示を受けていたが、弁護士の介入によって、訴訟を行わず結果的に5000万円(2倍)の賠償額を勝ち取ったとした場合

弁護士費用

示談提示がなく、当弁護士ネットへご相談いただいた場合

保険会社から示談提示を受けていない場合

例えば、被害者(5級の後遺障害認定を受けている)の方が加害者側保険会社から示談案の提示を受けていない状態で、弁護士が介入し、結果的に2500万円の賠償額を勝ち取ったとします。

この事例で他の弁護士事務所の場合、受取賠償額から一定割合の報酬を受領する報酬基準(10%)を採用していた場合は、受取賠償額2500万円の10%で、250万円(消費税別)が弁護士報酬の金額となります。

これに対し、福岡交通事故弁護士ネットの場合、弁護士介入後、まずは、依頼者の方の意向を確認の上、後障害の等級認定を受けている場合その等級に応じて算出します。この事例では、後遺障害認定5級、示談提示なし、訴訟なしで示談が成立し、受取賠償額2500万円のうち7%に当たる175万円(消費税別)が弁護士報酬の金額となります。

なお、上記事例は、当弁護士ネットの所属弁護士が実際に行った事例とほぼ同様の事例です。

この事例を前提にすれば、福岡交通事故弁護士ネットの弁護士費用は、他の他の弁護士報酬の金額より75万円低額になります。

後遺障害等級5級に認定を受け、加害者側保険会社からの示談案の提示を受けていない状態で、弁護士が介入し、訴訟を行わず結果的に2500万円の賠償額を勝ち取ったとした場合

弁護士費用

ページ上部へ戻る

スマートフォン用電話バナー

スマートフォン用メールバナー