スマートフォン用電話バナー

スマートフォン用メールバナー

弁護士費用特約

弁護士費用特約とは

被害者の方に過失がない事故の場合、車同士の事故であっても被害者の方が加入されている保険は使用できません。自動車保険(いわゆる任意保険)は、 基本的には事故相手に対する賠償のための保険ですので、相手に対する賠償がない(被害者の方に過失がない)場合は被害者の方ご自身で加害者側と交渉することとなります。

そのような状況で、保険加入されている被害者の方が困らないように、弁護士を依頼した場合にその費用を賄うために作られたのが「弁護士費用特約」です。

すなわち、被害者の加入している任意保険に弁護士費用特約が付保されていれば、損害賠償を請求するための弁護士費用が自分の加入している保険会社から支払われ、被害者は煩わしい交渉をすることも弁護士費用を気にすることも不要となります。

また、"もらい事故"など被害者に過失がない場合だけに利用できるわけではなく、被害者の方に過失があってもこの特約は使用できます。さらに車同士ではなく歩行中の事故などでも利用できる場合があります。

「弁護士費用特約」を利用するからといって、保険会社に弁護士の指定を受けることもありません。一度ご相談されて、被害者の方ご自身が信頼できる弁護士に依頼できます。

保険会社の一般的な補償内容では、弁護士費用について、保険会社から300万円程度の支払いを受けられる場合があります。

また「弁護士費用特約」を使用したとしても、自己の加入する保険の等級が下がって保険料が上がってしまうようなことはありません。せっかくご加入されている保険ですので、利用されることを是非おすすめいたします。

またご自身だけではなく、ご家族も補償の対象になっている場合がありますので、ぜひ一度保険契約の内容をご家族分含めてチェックしてみてください。

ページ上部へ戻る

スマートフォン用電話バナー

スマートフォン用メールバナー