スマートフォン用電話バナー

スマートフォン用メールバナー

弁護士に相談するメリット

交通事故の被害に遭われた場合、ご本人はもちろん、ご家族の方にも様々な負担がのしかかってきます。

怪我の治療のための入院や通院、その間の休業補償問題、後遺症が残った時の将来に対する不安、果たして加害者からきちんとした損害賠償を受けられるのかなど、様々な心配事やご不安があるのではないでしょうか。

交通事故での損害賠償は主に加害者側の任意保険会社から受けることになりますが、現状では必ずしも、何の努力もなしに被害者の方に十分な賠償がなされているわけではありません。

通常、大きなトラブルもなく生活していれば、弁護士に相談する機会などあまり無いため、弁護士と聞くと敷居が高く感じられる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、交通事故での問題解決を弁護士に相談することは、さまざまなメリットがあります。

なぜ、相談したほうがよいのか

  • (1)被害者の方、そのご家族の精神的なご負担が軽減されます。

    交通事故に遭われてしまい、怪我の治療や、賠償を受けるまでの経済的な負担、後遺症の心配など、被害者に方には相当なご負担がかかっているかと思います。保険会社が、その負担に見合う損害賠償額を提示してくれるのであれば、被害者の方の精神的ご負担も軽くなるかもしれません。しかし、とても納得出来ないような額の提示を受けてしまうと、ご自身で保険会社と交渉しなければなりません。その場合さらに被害者の方のご負担が増すことになります。

    保険会社との損害賠償交渉を弁護士に依頼なされば、少なくとも"交渉する"という負担はなくなります。

  • (2)最終的に、被害者の方が受け取る賠償額が増える可能性が高くなります。

    弁護士に相談・依頼するにあたり、やはり心配になるのは費用面ではないでしょうか。まして被害者の方は、事故による入通院等で経済的な負担が増している場合もあります。

    交通事故の案件を多く取り扱っている弁護士事務所では、「初回相談無料」「着手金0円」となるべく被害者の方のご負担にならないような料金体系をとっている事務所も数多く存在します。

    当【福岡交通事故弁護士ネット】では、さらに「完全後払い」「被害者の救済を重視した報酬基準」など、被害者の経済的なご負担をできる限り少なくできるような料金体系となっております。

    保険会社は、裁判になれば得られるはずの適正な賠償額を分かっていても、それより低額な自社基準よる示談案を提示し、示談を迫ってくる場合が多いのではないでしょうか。

    弁護士に問題の解決を依頼すれば、弁護士費用を差し引いても被害者の方が受け取る賠償額は、弁護士に依頼されない場合より増額となるケースがほとんどです。

  • (3)弁護士費用特約を利用すれば、さらに負担がなくなります。

    自動車保険の「弁護士費用特約」。加入されてらっしゃる方も、多いのではないでしょうか。一般的な保険では、300万円まで弁護士に対する費用を負担してもらえるものが多いようです。

    また、保険加入者本人以外に、ご家族の弁護士費用もカバーできるものや、自動車運転中だけでなく歩行中の事故にも適用されるものなどもございますので、「弁護士費用特約」が利用できるかも含めて、一度ご相談いただけると幸いです。

  • (4)経験豊富な弁護士が、様々な場面でアドバイス致します。

    弁護士は加害者側保険会社との示談交渉だけではなく、適正な賠償金を迅速に獲得するために有用なこと、例えば診断書を作成してもらう時のポイントや、警察の実況見分の時に重要なこと、また自賠責保険会社に対する仮渡金の請求や各種救済制度の活用など、被害者の方のために、役に立つアドバイスをして参ります。

    交通事故の被害に遭われて、ご心配なこと・ご不安なこと、ご遠慮なく相談して下さい。

  • (5)被害者の方の思いを代弁できます。

    被害者の方やそのご家族の方の中には、金銭面だけではなく"この辛い思いを認めて貰いたい"と思われている方もいらっしゃるのでないでしょうか。

    目に見えない後遺症でなかなか理解してもらえない、介護が必要となってご本人だけではなくご家族にも負担がかかっているなど、ご自身での示談交渉では、保険会社がなかなか認めなかったり、認めても低く見積もられたりして、悔しい思いをされる部分も、被害者の方にとっては非常に重要であると感じられていることも少なくありません。

    弁護士は、裁判例や賠償実務に照らし、正当に主張できることはきちんと主張し、被害者の方の思いを代弁し、適正な賠償が受けられるように努めて参ります。

ページ上部へ戻る

スマートフォン用電話バナー

スマートフォン用メールバナー